公認会計士とは


StartPage!公認会計士試験トップページ

公認会計士とは

トップページ > 公認会計士とは

公認会計士の概要

公認会計士は、一言で言うと「会計の専門家」です。 例えば、医師が医療の専門家、弁護士が法律の専門家であるように、公認会計士は会計の専門家というわけです。

公認会計士制度を規程した「公認会計士法」という法律の条文では、次のように定義されています。

「公認会計士とは、公認会計士法によってその資格が認められた職業的専門家であり、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査証明の業務及び財務書類の調製、財務に関する調査、立案、相談の業務を行うことを業とする者をいう。」(要約)

何だか意味がよくわからないと思いますが、要するに 「国が認めた会計の専門家で、財務書類の監査をやったり、財務書類を作ったりすることを職業とする人」という意味です。

医師や弁護士ほど広く認知されているわけではないですが、公認会計士は、会計に関する専門知識と経験を武器に企業をとりまく様々な分野で活躍し、経済社会を支えています。

公認会計士の仕事

公認会計士の仕事は様々ですが、大きく分けると、監査法人での仕事、会計事務所での仕事、一般企業での仕事、コンサルティングファームでの仕事の4つに分けられます。

監査法人 [かんさほうじん] での仕事

監査法人は、監査を組織的に行うため、複数の公認会計士によって設立された法人です。日本では4つの大きな監査法人があり、それ以外にも多くの中小の監査法人が存在し、公認会計士の多くの方が監査法人で働いています。公認会計士試験に合格した後は、まずはこの監査法人で実務経験を積むのが一般的です。

監査法人では、その名のとおり主に監査の仕事を行いますが、公認会計士が行う監査には大きく分けて「財務諸表監査」と「内部統制監査」があります。

財務諸表監査 (ざいむしょひょうかんさ)

財務諸表監査は、企業が作成した貸借対照表や損益計算書等の財務諸表に重大な誤りがないかどうかを検査し、その結果を監査意見として表明することをいいます。簡単に言えば、企業が粉飾決算(利益を実際より多く見せること)を行っていないかどうかをチェックすることを意味します。

近年のニュースでは企業が粉飾決算を行っていたことや、その粉飾決算を公認会計士が見抜けなかったこと等がよく取り上げられていますが、このような粉飾された財務諸表は、それを利用して株式投資を行おうとしている一般の投資家の意思決定を誤らせる危険が高く、公正な株式取引を阻害するという意味で大きな問題があります。

そこで、このような問題を事前に防止するため、企業と利害関係のない第三者である公認会計士が財務諸表の信頼性を検査・評価し、その適正性について太鼓判を押すことが必要とされているのです。

財務諸表監査は公認会計士のみに許された独占業務となっています。

内部統制監査 (ないぶとうせいかんさ)

内部統制監査は、企業が作成した内部統制報告書に重大な誤りがないかどうかを検査し、その結果を監査意見として表明することをいいます。この内部統制監査は、法律の改正によって2008年4月から開始された新しい業務です。

内部統制監査は、財務諸表監査と同様、公認会計士の独占業務となっています。

会計事務所 [かいけいじむしょ] での仕事

会計事務所とは、公認会計士が独立し、開業した事務所です。一般に、監査法人で数年間の経験を積んだ後に個人として独立・開業する場合が多いです。

公認会計士が独立・開業する場合、品質管理上の問題により監査を行うことは通常困難であるため、コンサルティング業務を行うか、税理士登録をして税務を行うことが一般的です。

税務 (ぜいむ)

税務とは、企業の法人税や個人の所得税の申告に関する指導・代行を行ったり、税務に関する相談を受けるなどの業務です。公認会計士は登録をすることにより税理士の資格を得ることができるため、独立開業した公認会計士の多くはこの税務業務を主な業務としています。

コンサルティング業務 (こんさるてぃんぐぎょうむ)

コンサルティング業務とは、企業の経営や会計について様々なアドバイスや指導を行うことをいいます。公認会計士は会計や監査に関連する知識のみならず、それらを通して身に付けた幅広い経験を活かして企業経営を強力にサポートすることができます。ベンチャー企業等が株式市場に上場する際、その株式公開を支援することもあります。

一般企業 [いっぱんきぎょう] での仕事

会計の専門家である公認会計士は、一般企業においても活躍しています。この場合、経理部や財務部で決算や予算に関する業務の中心的存在となったり、外部の公認会計士による監査の対応を一任されることも多いようです。

コンサルティングファーム での仕事

コンサルティングファームは、企業経営のコンサルティング業務を専門的に行う法人です。一般的に、監査法人で経験を積んだ後、監査を通して得た知識と経験を活かしてコンサルティングファームへ転籍するケースが多いようです。

その他

上記の他にも証券会社やシステム系会社など、様々なフィールドで公認会計士は活躍しています。

公認会計士になるメリットとデメリット

公認会計士になることを考えている方は、公認会計士になるメリットとデメリットを事前に把握しておくことをおすすめします。一般的によく言われているものをいくつか挙げてみましたのでご参考下さい。

メリット

デメリット

公認会計士になるには

公認会計士になるには、ある5つのステップをすべてクリアしなければなりません。5つのステップを知りたい方は、こちらのページへお進み下さい。 ⇒ 公認会計士になるには

スポンサード リンク


トップページ > 公認会計士とは