資格の大原


StartPage!公認会計士試験トップページ

資格の大原の紹介

トップページ > 資格の大原の紹介

資格の大原

資格の大原は、資格の学校TACに次ぐ大手の公認会計士受験予備校です。以前は税理士資格に強いというイメージがありましたが、近年では公認会計士講座にも定評があり、特に受験経験の豊富な上級生には人気があります。

受験生の中には、他校の受講生であっても資格の大原の講座を単科でとったり、答練の問題を入手したりして勉強している方もいます。業界最大手の資格の学校TACを脅かす存在になりつつある受験予備校です。

資格の大原の公認会計士講座データ

【校舎拠点】
札幌、仙台、水道橋、池袋、渋谷、町田、立川、中大駅前、横浜、日吉、津田沼、大宮、新潟、静岡、浜松、豊橋創造大学教室、名古屋、大阪(新大阪)、難波、神戸、京都、福岡、小倉
【開講講座】
2年、2年ロング、1.5年、1.5年ロング、1年、集中など
【受講形態】
通学、通信、通信&通学(セレクト)、合宿など
【参考価格】
2年 \630,000、1.5年 \580,000(いずれも割引前、早朝答練「ステップ」代金含まず)

資格の大原の受講生の声

・答練の質が高く、本試験傾向をよく掴んでいる
・講師の質が高く器がデカイ。熱意がある!
・7科目のバランスがいい
・雰囲気がいい
・最近の大原は本当に合格してる
・講師が常駐していていつでも質問できる
・設備がよい。講師専任でいつでも質問ができる
・やるべきことが絞られてる
・実質合格率が高い
・短答対策問題集「肢別チェック」がGood
・TACから移ってきましたがすばらしいですね
・講座によっては、電車の学割が買える
・簿記原計の質良し、質問体制万全。TACの比にならず
・満足していますが、TACにトップを許しているのは、なんとも歯がゆい感じです。ただ、逆に人気が出てこれ以上生徒が増えると、量の増加は質の低下を招きかねないのが微妙な所です。
・個別ビデオはスペースが狭すぎていらいらする時がある。両隣が詰まってるとさらに圧迫感がある。生講義でも人が多いと同じこと言う人がいるけど、それよりもヒドイと思う。
・入門期の講師と応用期の講師の言ってる重要性のあるポイントが違っていた。特に簿記。
・教室が狭すぎる。座席が足りていない。座席が狭すぎる。それ以外は最高!

資格の大原のおすすめ情報

・オンラインで無料資料請求ができます。
・公認会計士学習が初めての方は、無料入学ガイダンスとセミナーに参加することができます。
・会計士の情報誌「月刊Compass」を定期購読することができます。
・大学生協等で講座を申し込むと5%割引を受けられます。

資格の大原をもっと詳しく知るには

パンフレットを入手しましょう。入手方法は、直接大原の受付へ出向いて貰うか、資格の大原ホームページからオンラインで資料請求することができます。いずれも無料です。

資料請求はこちら ⇒ 資格の大原

スポンサード リンク


トップページ > 資格の大原の紹介